洛南・伏見稲荷大社へ

 今日は、最終日、JRで京都まできて先日の奈良線でいなりで下車。
荷物は、宅急便で送ってもらったので、今日は身軽。伏見稲荷大社を観光して、後は新幹線で帰るだけ・・・

千本鳥居

c0019930_21593025.jpg
c0019930_2205250.jpg




「赤い鳥居」といえばすぐさま「おいなりさん」を連想するほど、赤という色が人々の心情に
染みとおっている。
社殿も鳥居も同じく「稲荷塗り」といわれ、朱をもって彩色するのが慣習とか。
この「あけ」という言葉は、赤、明、茜などすべてに明るい希望の気持ちをその語感に持つ。
(パンフより引用)
c0019930_22273643.jpg

最上部の稲荷山は、いわゆる“東山三十六峰”の最南端に位置する霊峰(海抜233M)です。
今回は、途中、千本鳥居をぬけたところ、通称「奥の院」までしか行かれませんでした。

c0019930_2240824.jpg
  この先どこまで続くのか・・・。
  ここにもロケ隊が。
c0019930_2243421.jpg
[PR]
by ss-kawakami | 2007-12-03 22:37