しばられ地蔵へ

          
             ≪願かけ縄で≫


c0019930_11222997.jpg先日、某新聞に「とうきょう 歴史散歩」という記事があった。
水元公園近くの「しばられ地蔵尊」が掲載されていた。

家からそれ程遠くないので、午後から出かけてみた。
つい、バスを乗り間違えてしまったので、遠回りしてしまったが。

「大岡政談」 しばられ地蔵をひもといて書かれていた。


c0019930_11451033.jpgc0019930_11453796.jpg
お地蔵さまの記事の由来の一部を引用させていただくと、
お地蔵様は、関東大震災で焼け出され、1929年に現在地に移った。という。

このお地蔵様は一年中ぐるぐる巻きにされているのかと思ったが・・・

再び記事によると、この「南蔵院」のご住職のお話で、大晦日の数十分だけそのお姿をみせる。又、元日からはぐるぐる巻きになってしまうのだそうです。
正月になると面白いことがもう一つ。大岡裁きから転じて盗難事件が起きないように願って、近隣の刑事たちがそろってお参りに来るのだという。 (エッ!ホント?)
「頭に鉢巻のように巻かれているのは、時節柄、受験生が巻いたのでしょう」と。

お顔を拝見するととても穏やか。江戸時代から200年以上縛られ続けているというお地蔵様に厄除け、盗難除けにご利益があると思い、私も浄財100円を投じて結んできました。
どこへ?・・・それはヒミツ!
直ぐ裏手の方は水元公園。もう直ぐ桜の季節になると、立派な大木があるので、きっと素敵なお花見ができることでしょう。
c0019930_143664.jpg

[PR]
by ss-kawakami | 2007-02-23 12:08