ある日の上野動物園


            小さな動物たちとの再会


 たまに ふっと動物園へ行って見たくなるときがある。
昨年1月末、残雪の中で見た「丹頂鶴」はどうしているかな~。

暖冬で雪はないが元気いっぱいだった。声高らかにラブコール!
シメター!と、(言ったかどうか?) この後、多分オスの方だと思うが、はしゃぎ回って柵内を駆けずり回っているのが面白かった。

c0019930_10221116.jpg

c0019930_10224431.jpg
側でサギが一羽
風に吹かれてしんみりとしている姿が、又、印象的

いつもは、池の方にいるのに・・・


大きい動物はさておき、小さいものに興味津々!
先日、ペンギンが飼育員に連れられてお散歩?しているのをテレビで見た。
でも今日は連休中、大変な混みようでそれどころではない。それこそ迷子になってしまう。

c0019930_10494440.jpgc0019930_10514159.jpg


お客さんの多さに少々お疲れ気味の おおさまペンギンたち  右は一同起立してご挨拶しているみたい。

ここで、ふと気付いたのだが、トイレのマークが♂と♀と書かれていた。下に(おとこ)(おんな)と書いてあったが、いくら動物園とはいえ、ちょっと???ヘン。

この後、池の方へ下りて行ったが、ココも凄い人出。
昨年は、白鳥がたくさんいたが(ここで飼われているもの)今年は見当たらない、寂しい。

ここにも「フンボルトペンギン」がいたが、「只今、子育て中」の張り紙があった。
c0019930_11231742.jpg

フラミンゴも賑やかに、キラキラ光る池で、やけに「ペリカン」が元気・・・

c0019930_11341870.jpgc0019930_11353775.jpg
[PR]
by ss-kawakami | 2007-02-19 11:06