冠雪の『富士山』に感動!

 11月1日 「昇仙峡・河口湖」方面へ

c0019930_22501647.jpgお天気もやっと安定し秋の行楽日和になってきた。
一ヶ月も前から申し込んでいたサークルのお仲間とのバス旅行。

今日は、快晴だ。朝6時50分に出発し、途中2・3、参加者を乗せ、一之江から首都高速湾岸線を行った。



c0019930_2314031.jpg
中央高速に入るまで渋滞で、9時を過ぎてしまい、どうなることかと心配したが、以後はスムーズに進んだ。
途中、笛吹川なども通ったが、これは名前ほどではなかった。






c0019930_238407.jpg11月になればこの辺はいくらか紅葉しているかな?と期待していたが、何時までも残暑が続いた影響か
あまり綺麗に紅葉していなかった。少しがっかり。

この辺は、車窓からの撮影です。



c0019930_2321567.jpgただ山の方へ登っていくにつれ、
山頂に雪を頂いた「富士山」が見え隠れする、その度にワア~ッワア~ッと歓声が上がった。
中年の運転手さんがとても親切で(ガイドさんなし、添乗員のみ)もう直ぐ何々の岩が見えるとか、「富士山」がすっぽり見えるよ・・・などと説明してくれた。
この綺麗に見える「富士山」をゆっくり撮りたいなア~と思った。

c0019930_23383713.jpgコースを着々と消化し、山梨が日本を代表する水晶の産地ということで、宝石の里へも立ち寄ったが、あまり興味がないのでその辺はさ~と流した。

箱根・芦ノ湖側からは何回も見たが、ココ河口湖から見る富士山が、一番近くに見えるようです。



c0019930_2353177.jpg河口湖畔には古賀メロディーを奏でる『碑』があり、人影を察知すると、あのマンドリンの音色と共に
「影を慕いて」や「丘を越えて」等など中高年の好きそうなメロディーが私達を楽しませてくれた。

私はもっぱら「富士山」とにらめっこ。あっちから、こっちからパチパチと・・・

「釣る瓶落としの秋の空」 陽もとっぷりと暮れて、もみじ回廊などはライトアップされ、それがいいのか、悪いのか、私の写真はもう、ブレブレ・・・アーアー残念。

でも、今日一日、日の出から日の入りまで、たっぷりとバスに揺られて楽しい一日でした。

c0019930_0171754.jpg

[PR]
by ss-kawakami | 2005-11-06 23:00