デジカメに興味津々


by ss-kawakami
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

小石川後楽園を巡りて!

  三月下旬・枝垂桜が満開だった・・・  

c0019930_2216389.jpg

四季折々の景色が楽しめる都心のオアシス!

「ソメイヨシノ」は、開花宣言こそ早かったが、花冷えが続き、足踏み状態で
一向に咲き具合が進まず、歯がゆい思いだった。四月に入り、今週末にはやっと満開に
なる様子。
ぐるっと庭園内を巡って、それを「コラージュ」にしてみました。 (右の中段=ハナモモ白)
[PR]
by ss-kawakami | 2009-04-02 22:35

寒中に咲く!

寒さの中一番乗りに咲く“蝋梅” 
c0019930_21131630.jpg
c0019930_21133550.jpg


辺り一面よい香りを漂わせて、梅より一足早く「蝋梅」が咲いていた。
先日、TVで群馬県のと或る公園で、蝋梅がたくさん咲いている様子が映し出された。
そうだ!家の近くの梅園(公園)にも木が10本くらいあったが、咲いているだろうか?と
行ってみた。
あぁ~咲いていた!  係りの人がいたので聞いたところ、お正月前から咲き出したようだ。
花がだいぶ落ちていたが、花の少ない季節、「蝋細工」のような花びらが可憐だった。
花のあとでできる実は、なんともユニークな形だそうですが、実は見たことがない。

c0019930_2130297.jpg
昨夜からの冷え込みで
柔らかい土の部分には
5センチ位の霜柱ができていた。
この冬一番の寒さだったようだ。

この寒さをのりきればやがて・・・

水仙や寒紅梅・冬至梅などが
ちらほら咲いていた。

花が少しずつ咲き出すとホッとしますね~。


c0019930_2144546.jpg



c0019930_2144333.jpg


c0019930_21492032.jpg

[PR]
by ss-kawakami | 2009-01-11 21:41

**浜離宮恩賜庭園に龍舌蘭が咲いた** 


c0019930_1432861.jpg

8月中旬、下の方から咲き出した花が先端まで咲いた。
高層ビルを背景に。(ビルは本当は首都高よりもっと先方にある)

c0019930_14403433.jpg


説明書にもありますが、5年位前に、これとは別の株に花が咲いたのを見た。
もう、あと50年くらいは見られない!と、その時はニュースになり、それでは!と、大勢の人が訪れた。

花が咲くと後は枯死してしまい、その寸前、子株を根元のところに作っておき、子孫を残すのだとのこと。


c0019930_1551996.jpg              先端まで咲いた。電通ビルと背比べ・・・。右→


c0019930_156272.jpg

花の部分アップで




c0019930_15235861.jpg c0019930_15243181.jpg


庭園にはキバナコスモスや「秋桜」が少しずつ咲き始めて、
晩夏の気配が・・・。


この庭園はまさに
都会のオアシス!



c0019930_15542518.jpg

[PR]
by ss-kawakami | 2008-08-18 15:19

百合に魅せられて!


  匂い立つゆりの花 


親戚の家へ行く途中立ち寄った昭和記念公園で百合の群生を観た。
c0019930_1528734.jpg


オリエンタル・ハイブリット・・・(何だかエコカーのような)
花芯に特徴があるみたい。

c0019930_15352093.jpg
c0019930_15364264.jpg

とても強烈な香りが漂っていた。
係りの人が池の向こうにも違った百合が咲いていますよと。前回訪れた時に見た
夏水仙は?と聞いてみたが、まだ少し時期が早いらしい。樹木に囲まれた中に咲いていた
ピンクの可憐な(ヒガンバナに似た)花の集団を期待していたが、それは又の機会に・・・

c0019930_15514429.jpg

水面を渡る風は涼しかった。ここで一息入れ、辺りを見渡すと又こちらにも百合があった。

これは又違う種類のようだ。中国と日本は百合の宝庫と言われ、「カサブランカ」「鬼百合」
「透かし百合」「テッポーユリ」などいろいろ種類があるようですね。

c0019930_1672495.jpgc0019930_1683916.jpg

百合づくしになってしまいましたが、最後にハーブ園で見た
                   「ハナシノブ科フロックス」は可憐だった。
c0019930_16411671.jpg

[PR]
by ss-kawakami | 2008-07-19 16:04

月下美人


    ≪今夜咲きます≫ 
(7月2日)


c0019930_17275012.jpg c0019930_1725564.jpg


     蕾・・・17時30分ごろ                開花はじめ19時30分ごろ
ちょうど夕食の後片付けを終えたところで、前から友人に咲き出したら知らせてね・・と言われて
いたので、急ぎ電話をすると駆けつけてきました。
そうこうするうちに、どんどん開きはじめ、辺りは、えもいわれぬ良い香りが漂いだした。

c0019930_20242338.jpg


全部で蕾は6個あったが、その内4輪が咲いた。あとの2輪は翌日に持ち込みらしい。

c0019930_20312021.jpg
c0019930_2047221.jpg


この月下美人も一夜限りの儚い命で、
明け方には萎んで垂れ下がっている。夜だけしか撮れないのが何とも残念です。
まだ小さな芽が5・6個(米粒くらい)あるので、咲く機会があるでしょうから。
その時は教えてね・・・と、今から予約?されてしまったわ!
[PR]
by ss-kawakami | 2008-07-04 17:44

白山神社の紫陽花

 この時季どこにでも咲いている七変化!

c0019930_15241374.jpg

c0019930_1525234.jpgc0019930_15254289.jpg

文京区出身の友人と訪ねてみた。ピンク系が多いようだった。

c0019930_15321562.jpg

梅雨もいよいよ本番・・・昨日は夏至だった。

   我が家の梅雨時の風物詩?
梅酒(2本)作り と 梅干し漬け(8kg) 本日完了。
これは毎年欠かさずに実行(何時まで続くのか分からないが)、みな自家製の梅です。
梅酒は夏が過ぎ秋頃になると琥珀色の飲み物に変身!これを2・3年ねかせておく。
今年の夏、飲むのは17年産?のもの・・・氷を浮かべてとても美味しいですよ。
夏バテ知らずかも!

梅も今年はあまり出来がよくなく、粒が小さめ。木が疲れてきたのかも、(50年くらい経つ)
ココの住人と同じだなぁ~と、手入れをしている主人曰く。 多いときは15kg位漬けていた。
でも、自分流の味に仕上げている、(これって自己満足)
暑い盛り、三日三晩の土用干しを過ぎて出来上がり。

その頃合いを見計らったかのごとく、娘や息子がやってくる。思い思いに粒の大きい
よいところを持っていく。我々はその残りを毎朝欠かさず食べている。
親なんてそんなものですね~。これでイイノダ!!と。c0019930_16204911.gif
[PR]
by ss-kawakami | 2008-06-22 15:34

御苑の花菖蒲

c0019930_17144356.jpg


c0019930_17242835.jpg
初詣には何度も明治神宮へ参拝していたが、ここの花菖蒲は今回が始めて。
この辺の森の辺りを入っていくのは知っていたが、時期が違うと気付かずに通り過ごしていた。

観光バスなども何台も止まっていて、多くの人たちが菖蒲観賞にきていてとても賑わっていた。


花菖蒲には「江戸系」 「肥後系」 「伊勢系」などがある。いろいろ名前が付けられているが。

c0019930_17445019.jpg
c0019930_17454630.jpg


いろいろな種類がありとてもよく手入れが行き届いていてきれいだった。
写真を撮る人も多く、大分写ってしまった。現在は、堀切(葛飾区)など東京近郊から
「江戸系」の花が集められ、1500株ほどが咲き競っている、とのこと。

c0019930_19555925.jpg

c0019930_19564687.jpg


c0019930_19571698.jpg


ここへ訪れる4・5日前、 「堀切菖蒲園」 へも行ってみた。ちょうどよく咲きそろって見事だった。
菖蒲田の脇の方にあった紫陽花、私はこれがとても気にいったので・・・。

c0019930_20145616.jpg

c0019930_20153027.jpg

c0019930_20584462.gif




              カエルくんたち曰く梅雨時は身体に気をつけて!
[PR]
by ss-kawakami | 2008-06-16 18:00

春 爛漫!

  
    美しさを競い合う花たち・・・ 


c0019930_17142147.gifこの良い季節GWの最中、多くの子供たちが訪れている上野動物園でパンダの
リンリンは天国へいってしまった。
天寿をまっとうしたのですね。人間でいえば70歳を越えているとか。

先日TVで放映していたが、日本各地の動物園にいる動物たちも、だいぶ高齢化が進み、
深刻な状態になっているとのこと。
井の頭公園動物園にいる象の花子など、飼育員の人がエサのおいもなど細かく刻んでやらないと食べられないとのこと、バナナも皮を剥いて口に入れてやっていた。
高齢化が進んでいるとのこと、なんだか人間の世界をみているようで、身につまされますね~。

西新井大師の牡丹と藤

c0019930_17475015.jpg

藤の花は、まだ3・4日早かったようだ。房丈は約1メートル位。

c0019930_17532878.jpg
c0019930_17545687.jpg


牡丹園は、第1・2・3・4とあり、いずれも見頃で見物人もとても多かった。
ピンクや赤系の大輪が多く、白・黄色などは少なく、もう終わっていたのかも知れない。
私は、どちらかと言えば紫の藤の花に魅力を感じた。

根津神社の躑躅

c0019930_2058366.jpg

c0019930_20595166.jpg


この季節、ちょっとした植え込みや道路際にも「オオムラサキ」が満開
ココは、上手く斜面を利用した、とてもよく手入れのゆき届いた「つつじの山」人も多いが・・・。
[PR]
by ss-kawakami | 2008-05-02 17:38

アンズの花


  ~都内で「アンズの里・気分?」~


梅のようでもあり、桜の花のようでもあり
でも「アンズの花」です。13本ほどあってまさにピンク一色でした。

c0019930_20485478.jpg

c0019930_2049355.jpg


江東区の都立亀戸中央公園は、今アンズの花が満開、春の陽射しをいっぱいに浴びて、
訪れた家族連れなど、思い思いに一足早いお花見を楽しんでいた。
いい香りが辺り一面漂って・・・。

東武亀戸線・亀戸水神で下車、徒歩5分くらいのところにこんなに広い場所が!と驚いた。
ここは、以前日立亀戸工場があり、その跡地だったとか。
今は、都民の憩いの場所として、スポーツセンターあり、球技場ありで、人々に愛されているのでしょう。桜の木もたくさんあるようで、間もなく開花、本当のお花見シーズンが到来することでしょう。

公園の裏手には、旧中川が流れ、なぜか、威勢のよい掛け声と共に、ボートを漕ぐ
姿が見られた。川縁を歩いたが、春風が頬にとても気持ちよく感じられた一日でした。

c0019930_21165075.jpg
c0019930_21173253.jpg


[PR]
by ss-kawakami | 2008-03-23 21:29

上野・東照宮 冬ぼたん

 
   寒空に 健気に咲いた 冬ぼたん


古来よりその美しさと希少さから、新春の貴重な花として観賞されてきた冬のぼたん。
元日から開催されていたが、昨日(19日)観てきた。

c0019930_15484984.jpg
c0019930_15492462.jpg


昔、「寒ぼたん」は暮から正月の縁起物の飾りつけとして使われていたそうですが、
生育が弱く今では「葉ボタン」がその主流となっている。との「説明板」が。

尚、牡丹は普通春四月ごろ花をつけますが、当宮では牡丹のもつ特質を活かし、
寒中の花として「冬ぼたん」を開花させました。とも説明板に書かれてありました。

雪除けの「ワラ囲い」の中で、ひっそりと咲くその姿は、観る人の心を和ませてくれる。
ここに少し雪でもあったら、尚一層風情があるのに・・・な~んて贅沢かな?

c0019930_1647062.jpg
c0019930_16472377.jpg

五重塔は動物園側にある。        「東照宮」  ぼたん苑はこの左側にある。

この帰り道、不忍池のほとりを通ったが、春の足音はまだまだ遠~いようだ!

c0019930_1754378.jpg

[PR]
by ss-kawakami | 2008-01-21 16:11