デジカメに興味津々


by ss-kawakami
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

寒中に咲く!

寒さの中一番乗りに咲く“蝋梅” 
c0019930_21131630.jpg
c0019930_21133550.jpg


辺り一面よい香りを漂わせて、梅より一足早く「蝋梅」が咲いていた。
先日、TVで群馬県のと或る公園で、蝋梅がたくさん咲いている様子が映し出された。
そうだ!家の近くの梅園(公園)にも木が10本くらいあったが、咲いているだろうか?と
行ってみた。
あぁ~咲いていた!  係りの人がいたので聞いたところ、お正月前から咲き出したようだ。
花がだいぶ落ちていたが、花の少ない季節、「蝋細工」のような花びらが可憐だった。
花のあとでできる実は、なんともユニークな形だそうですが、実は見たことがない。

c0019930_2130297.jpg
昨夜からの冷え込みで
柔らかい土の部分には
5センチ位の霜柱ができていた。
この冬一番の寒さだったようだ。

この寒さをのりきればやがて・・・

水仙や寒紅梅・冬至梅などが
ちらほら咲いていた。

花が少しずつ咲き出すとホッとしますね~。


c0019930_2144546.jpg



c0019930_2144333.jpg


c0019930_21492032.jpg

[PR]
by ss-kawakami | 2009-01-11 21:41
セミの脱皮

c0019930_11102028.jpg

例年だと今頃“蝉しぐれ”の真っ只中?のはずが、今年は様子が少し違う。
陽気がズレているだけなのか?・・・それとも異常気象?それでも8月に入り、少しずつ
土中から出始めたらしい。あちらこちらにボコボコ穴が開いているから・・・。

c0019930_11163811.jpg
 上の写真は土中から出てきて1メートル位のところ脱皮の始まり、(ちょっとグロテスクな感じもするのでその点はお許しを)

しっかりした枝につかまり、もう一息
頑張って (^。^) 左写真



c0019930_1129427.jpg
   脱皮完了 →
   羽が透き通っている
   これが時間が経つにつれ茶色に変わる。

   今度生まれてくる時は、緑いっぱいの田舎が
   いいわよ。 そうこうしているうちに、辺りに
   大分セミの鳴き声がしてきた。ホッと!



        朝になったら飛び立ちます。 “空蝉”(うつせみ)を残して・・・。
c0019930_11505879.jpg

[PR]
by ss-kawakami | 2008-08-06 11:44

新緑の箱根へ


       ~今も昔も ♪箱根の山は天下の險~ 


 ゴールデンウイークの混雑を避け、それが過ぎてからと前から予定していた
箱根の旅 何時もバスツアーで行くメンバーと。新宿から小田急で、快適にスイスイと・・・
家を出る時少し靄がかかっていて心配だったが、どうやら快晴に。

c0019930_14333526.jpg紫陽花の頃もいいわね~などと言いながら新緑の中を。

今は、ロープウェイが、早雲山から大涌谷までで、その先桃源台まで大工事中!
そのため何時も素通りしてしまう大涌谷へ降りた。

この箱根へ来たのは私は10年ぶりかな~。



c0019930_14462470.jpgc0019930_1447910.jpg


工事現場は凄い大工事、新しいロープに架け替えるのだそうだ。
そのロープの新・旧が駅に展示されていたが、その太さの違いをみてよくこんなあ!と驚いた。
では、今使われているのは大丈夫なの~ふと・その時思った、道理で4・5人乗せるとドアを閉めてしまう、少しでも重量を軽くするため?・・・まさか。

c0019930_1532728.jpg
c0019930_1541547.jpgこの大涌谷で、残雪の「富士山」がこんなによく見えたのには感激!
硫黄の匂いがたちこめる大涌谷を後にして(黒たまごを買って)、シャトルバスで桃源台へ向った。

芦ノ湖を縦断する定期航路に、新しい海賊船「ビクトリー号」が3月20日デビュー!したとか。
湖面を渡る風は頬に心地よかった。

周りの景色も樹木の緑が鮮やかで美かった。つつじで有名な山のホテルも、花はもう終わっていたが、船が進むにつれて、逆光のためか富士山がはっきり見えなくなった。

c0019930_15425050.jpgc0019930_1543569.jpg


やっと元箱根港付近へきて、箱根神社の鳥居と写すことができた。
やはりここは朝の方がいいのだな~と、一人ぼやいていた。

あちこち散策し、帰りはバスで湯本まで行った。ちょうど駅伝の選手が走りぬけるコースを通って、今度は、一泊しないとだめね・・・と、言いながら。

c0019930_1624815.jpgc0019930_1643625.jpg

ともあれ、無事に帰り着き、我が最寄の駅のホームで見た夕陽、

このころまで、あの湖で富士山を見ていたかった~ガク!。
[PR]
by ss-kawakami | 2007-05-13 15:15
c0019930_21275692.jpg
  古民家訪ねて・・・ 

ここは、都市農業公園。一昔前の農家の庭先?
江戸時代後期の建物。
足立区花畑の農家の母屋と納屋を区に寄贈し、
ここに移築されたもの(昭和58年に)
以来、足立区指定文化財とありました。


c0019930_2149451.jpg庭先にかりんの実が・・・ここの公園は、八重桜の種類が多く、その時季はとても賑わいをみせる。

何度か訪れているものの、桜に目がいき、こちらは、つい後回しになっていたので、今日はゆっくりと観察しようと思った。

地方へ行けばまだこのような家が見られるかもしれないが、
何だかとても懐かしいような雰囲気を漂わせていた。




c0019930_227284.jpgc0019930_228911.jpg




公園の裏手の荒川土手に出ると、今日、一番撮りたかったもの、

c0019930_22175599.jpgc0019930_2220544.jpg
  足立彫刻のまち大賞作品
    「お兄ちゃんと一緒」

前々からこの「オブジェ」を撮りたいなーと思っていたのですが、
つり竿の先が上手く入らず、土手を転げ落ちるような格好でようやく見上げて撮った。
河原はコスモス畑なので、きっと見ていた人はヘンな人だなって・・・思ったでしょうね。
[PR]
by ss-kawakami | 2006-10-20 22:57

いにしえの秋を訪ねて!

    ≪市川市萬葉植物園へ≫

c0019930_17241380.jpg
c0019930_17245435.jpg

ここには、197種類の植物を、萬葉時代の自然が偲ばれるよう構成されている。
と、あった。

c0019930_17515191.jpg


c0019930_17531052.jpg










c0019930_17562575.jpgc0019930_17571762.jpg













c0019930_1929237.jpg


c0019930_19293485.jpg











c0019930_19364231.jpg


c0019930_19371488.jpg











c0019930_19424142.jpgc0019930_19431087.jpg









四季・折々に違った植物を観賞するには、その都度足を運んでみないとその良さがわからないでしょう。

c0019930_20141219.jpg

[PR]
by ss-kawakami | 2006-09-10 18:02

霞ヶ浦へ

    ☆☆ この夏、霞ヶ浦で帆引き船を見た ☆☆

c0019930_10345121.jpgワカサギ漁やシラウオ漁を行う「帆引き船」は、霞ヶ浦の風物詩になっていた。

今は、その帆引き船も、トロール船による漁法の発達によりその座を追われ、観光用にしか残っていないとか。



c0019930_10503367.jpg
     この帆引き船が出るのは、土・日・祝日のみ1:30分~
     3:00頃までなので、それに合わせて観光船に乗ります。
     それも風まかせ、強風でもダメ、無風でもダメ
     帆が張れないのだそうです。

この日は日曜日でもあり、乗船客も船着場にたくさん待っていて、ほとんど素人カメラマン?らしき人々でした。走ること約30分目的の船が見えてきた。速度は落としたものの揺れて・・・
白い帆に風をいっぱいはらんで・・・遠くに筑波山も。
c0019930_11261522.jpg


2時間くらいで港に帰ってきたが、マリーナ広場では、小学生たちの集団が残り少ない夏休みを楽しんでキャンプをしていました。

c0019930_1135363.jpg

c0019930_1138836.jpg



c0019930_2022887.gif
[PR]
by ss-kawakami | 2006-08-30 11:19